2024.06.24

プロジェクトマネジメント資格比較

プロジェクトマネジメント資格比較

プロジェクトマネジメントとは

プロジェクトとは、有期的、且つ独自性がある業務のことをいいます。

良くあるケースとしては、新商品開発・新システム開発など行う場合に、通常の業務(定常業務)とは別に、新しいプロジェクトを立ち上げて、効率的に計画を遂行するようなケースです。

この場合、プロジェクトとして与えられた目標を達成するために人材・コスト・スケジュールなどを調整し、全体のプロセスを管理する必要があります。

なお、プロジェクトマネジメントというとITで考えられがちですが、IT以外の様々な場面で利用できます。もともと試験はウォーターフォールの出題が多かったのですが、最近の傾向としてアジャイルの出題に代わってきています。それではアジャイルとはどんなものでしょうか?

アジャイルとウォーターフォール

プロジェクトマネージメントを進めていくためのモデルにはいくつかありますが、代表的なのは、ウォーターフォールモデルとアジャイルモデルです。どちらもプロジェクトを成功に導くための強力なツールですが、その特性は大きく異なります。

🌊 ウォーターフォールモデル: 計画重視の堅実派

ウォーターフォールモデルは、まるで滝が上から下へと流れるように、各工程を順番に進めていく開発手法です。要件定義から始まり、設計、実装、テスト、そしてリリースへと、一度進んだ工程には戻らないのが特徴です。

メリット:

  • 計画性: 事前に綿密な計画を立てるため、予算やスケジュールを管理しやすい。
  • 予測可能性: プロジェクトの全体像を把握しやすく、進捗状況を予測しやすい。

デメリット:

  • 柔軟性の欠如: 途中で仕様変更が発生した場合、対応が難しい。
  • 顧客との連携不足: 顧客からのフィードバックを反映しにくい。

こんなプロジェクトにおすすめ:

  • 大規模プロジェクト: 計画性と予測可能性が重要視される大規模な開発に適しています。
  • 要件が明確なプロジェクト: 仕様変更が少ないプロジェクトで、その真価を発揮します。

🏃 アジャイルモデル: 変化に強い俊敏派

アジャイルモデルは、短い期間(イテレーション)で開発を繰り返しながら、顧客からのフィードバックを柔軟に取り入れていく開発手法です。まるで俊敏なアスリートのように、市場の変化や顧客のニーズに迅速に対応できます。

メリット:

  • 柔軟性: 状況の変化に合わせて、計画を柔軟に変更できる。
  • 顧客満足度: 顧客の意見を積極的に取り入れるため、満足度の高い製品を開発できる。
  • リスク軽減: 問題を早期に発見し、対応できるため、プロジェクトのリスクを軽減できる。

デメリット:

  • 計画性の欠如: 短期的な計画に重点を置くため、全体像が見えにくい。
  • 管理の難しさ: 柔軟性が高い分、プロジェクトの管理が難しい。

こんなプロジェクトにおすすめ:

  • 小規模プロジェクト: 短期間で開発を進め、顧客からのフィードバックを素早く反映したい場合に適しています。
  • 要件が不明確なプロジェクト: 開発を進めながら、要件を明確にしていきたい場合に有効です。
  • 変化が多いプロジェクト: 市場や顧客のニーズが頻繁に変化するプロジェクトで、その強みを活かせます。

プロジェクトマネジメント資格について

PMP資格

 PMP資格試験は、中規模から大規模のプロジェクトマネージャに最適な資格です。PMP資格は、国際的なプロジェクトマネジメントコミュニティで高く評価されています。
 資格取得には、試験合格とプロジェクトマネジメント経験の要件を満たす必要があり、専門知識を維持するための継続的に学習を進める必要があります。
PMP資格については以下をよりご覧ください。

Comptia Project+資格

 

CompTIA Project+は、IT業界に特化した国際的なプロジェクトマネジメント資格です。プロジェクトのライフサイクル全体(開始、計画、実行、監視・コントロール、終結)に関わる知識とスキルを評価します。

この資格は、プロジェクトマネージャーだけでなく、プロジェクトチームメンバーやプロジェクトに関わる全ての人にとって有益です。プロジェクト管理の基礎知識を習得し、プロジェクトの成功に貢献したい方におすすめです。

CompTIA Project+は、ベンダーニュートラルな資格であり、特定のプロジェクト管理手法に偏らず、幅広い知識をカバーしています。そのため、様々な業界やプロジェクトに適用できる汎用性の高い資格と言えるでしょう。

P2M(Project & Program Management)資格

 P2Mは、日本発祥のプロジェクトマネジメントのアプローチで、PMBOK(Project Management Body of Knowledge)などで整理されたプロジェクトマネジメントの枠組みに、プログラムマネジメントの概念を組み合わせたものです。プログラムマネジメントは、複数のプロジェクトを連携・統括して管理する手法であり、異なるプロジェクト間の調整やリソースの最適化などを含みます。
 P2Mについてはこちら

Prince2資格

 PRINCE2(Projects IN Controlled Environments 2)は、イギリス発祥のプロジェクトマネジメントの国際的な資格です。PRINCE2の資格は、プロジェクトマネージャーやプロジェクトチームメンバーに向けて設計されており、キャリアの発展に役立つ価値があります。ファンデーションは受験資格がなく、
プラクティショナーは受験資格を必要とします。

PMI-ACP資格

PMI-ACP(Project Management Institute Agile Certified Practitioner)は、プロジェクトマネジメント協会(PMI)が認定するアジャイル開発の資格です。アジャイルの原則やプラクティス、ツールに関する知識と経験を証明し、アジャイルチームにおける効果的な貢献を裏付けます。

受験資格には、アジャイルプロジェクトでの実務経験やアジャイル研修の受講が必要です。試験は、アジャイルの原則、価値、ライフサイクル、ドメインなど、幅広い分野から出題されます。

PMI-ACPを取得することで、アジャイル開発における専門性を高め、市場価値を高めることができます。また、アジャイルチームでのコミュニケーションやコラボレーションを促進し、プロジェクトの成功に貢献できるでしょう。

イープロジェクトの資格講座

 イープロジェクトは、プロジェクトマネジメント、ビジネスアナリシスを専門とした資格学校です。上記のうち、PMP,PMI-ACP,Prince2,Project+など各種講座を実施しています。