BLOG

イープロジェクトのブログ

PMI-ACP:受験資格・難易度・勉強法など|2020.9更新

PMI-ACP:受験資格・難易度・勉強法など

PMI-ACP(R)(試験について難易度・勉強法などをご紹介します。2020年08月現在の状況
ですので、情報が変わり次第アップデートします。

 

PMP

 

PMI-ACPⓇとは

アジャイルは、プロジェクト・チームの柔軟性を高めコラボレーションを促進するため、
プロジェクト管理を成功に導く多くのフレームワークの1つとして実践されています。

PMI-ACPⓇとはPMIが認定するアジャイル実務の専門家資格です。アジャイルで実務を
行っている場合、または組織がアジャイル手法を採用している場合は、PMIアジャイル
認定実務者(PMI-ACP)®認証を取得することで、 この急成長しているプロジェクトマネジ
メント手法に対する知識 とコミットメントが実証されます。

PMI-ACP資格の特徴

アジャイルとは、スクラム、XP、クリスタルなど様々な手法を包含したアンブレラワード
といわれることがあります。PMI-ACP資格はこれらの手法についてある程度共通なフレー
ムワークについての試験です。アジャイルなどの手法は基本的なフレームワークを与えて
あとは実務で工夫していくものです。

アジャイルのフレームワーク・マインドセットについての試験は今後アジャイルを実務で
遂行していく上で非常に有効です。

なお、スクラムなどの資格は非常に高額であるのに対して、PMI-ACP資格は試験に合格し
なければならないという問題はありますが、受講料と合わせても非常にリーズナブルなものです。

PMI-ACP資格の価値

PMIが実施しているアジャイル資格であり、グローバルに認められた資格です。
PMP®試験においてもアジャイルの重要性は増していて、予測型プロジェクトマネジメント・
アプローチ 50%に対して、アジャイル型・ハイブリッド型アプローチ 50%となっています。
(2021年1月の試験変更)その中でアジャイルに特化したPMI-ACPの取得はとても価値が高
いものということができます。

PMI-ACPの難易度

アジャイルにおける知識というよりマインドセットが問われます。つまり、アジャイルの原則
などに基づきどう行動するかということです。決して難しい試験ではありませんが、アジャイル
の考え方を理解しておく必要はあります。

なお、2019年のデータですが、世界的には、32,781人の合格者がいるのに対して日本では94人
となっていました。(PMI日本支部 アニュアルレポート 2019)
取得しておくことは、差別化という意味でも価値があると考えられます。
ちなみに2018年ですと日本は60人、世界的には、24,998人でした。

 

PMI-ACP Ⓡ は英語が必要なのか?

試験は、日本語で選択できます。ただし、申込時に記載するアプリケーションフォームは(業務経験や学歴などを記載します)
英語が必要となります。Google 翻訳もありますし、受講者は、弊社のサポートもありますので安心して受験してください。
なお、2020年6月より業務経験を書く際に300文字以上の記載が要求されていたところが200WORD以上となりましたので
書かなければいけない量が増えました。

PMI-ACP Ⓡ 講座イメージ

 

 

PMI-ACP Ⓡ 講座について

PMI-ACP(R)試験とは:試験概要

eProjectでは、PMI-ACPⓇ講座を実施しています。Eラーニング(日本語)・教室
(日本語)・Eラーニング(英語)と3つの講座をご用意しています。

PMI-ACP®対策講座 Eラーニング

PMI-ACP®対策講座 通学講座

PMI-ACP®Exam Preparation Course

※ PMI-ACP試験概要はこちら

 

PMI-ACP Ⓡ 講座ガイダンス

PMI-ACPⓇの参考書:

PMIではPMBOK®のような体系的な書籍が不十分であることから、PMI-ACPの
勉強のリソースとしていくつかの参考図書を紹介しています。本稿ではその参考書
についてご紹介します。
日本語で学習する際のリソースが足りないため以下の書籍も役に立つと思います
(すでに廃版になっている本もございますのでご了承ください)

Agile Estimating and Planning

Author: Mike Cohn
Publisher: Pearson Education/Addison Wesley Professional

この本には日本語翻訳があります。「アジャイルな見積りと計画づくり
~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~ 単行本(ソフトカバー)」

 

Agile Practice Guide

Publisher: Project Management Institute, Inc.
Agile Project Management: Creating Innovative Products
Author: Jim Highsmith
Publisher: Pearson Education/Addison Wesley Professional

この本には日本語翻訳があります。
アジャイル実務ガイドとしてPMI日本支部で現在販売されています。
最近のPMBOK®にもバンドルされている場合もあります。

Agile Retrospectives: Making Good Teams Great

Author: Esther Derby, Diana Larsen, Ken Schwaber
Publisher: Pragmatic Bookshelf
この本には日本語翻訳があります。
「アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き」

Agile Software Development: The Cooperative Game

Author: Alistair Cockburn
Publisher: Pearson Education
この本は現時点では日本語翻訳を見つけられませんでした。

Coaching Agile Teams: A Companion for ScrumMasters, Agile Coaches,

and Project Managers in Transition

Author: Lyssa Adkins
Publisher: Pearson Education/Addison Wesley Professional
この本は現時点では日本語翻訳を見つけられませんでした。

Effective Project Management: Traditional, Agile, Extreme

Author: Robert K. Wysocki
Publisher: Wiley
この本は現時点では日本語翻訳を見つけられませんでした。

Exploring Scrum: The Fundamentals

Author: Dan Rawsthorne with Doug Shimp
Publisher: CreateSpace Publishing
この本は現時点では日本語翻訳を見つけられませんでした。

Kanban In Action

Author: Marcus Hammarberg, Joakim Sunden
Publisher: Manning Publications

この本には日本語翻訳があります。「カンバン仕事術」

Kanban: Successful Evolutionary Change for your Technology Business

Improving Service Delivery in Technology Business
Author: David J. Anderson
Publisher: Blue Hole Press

この本には日本語翻訳があります。「カンバン ソフトウェア開発の変革」

 

Lean-Agile Software Development

Author: Alan Shalloway, Guy Beaver, James R. Trott
Publisher: Pearson Education

この本は現時点では日本語翻訳を見つけられませんでした。

User Stories Applied: For Agile Software Development

Author: Mike Cohn
Publisher: Pearson Education

この本は現時点では日本語翻訳を見つけられませんでした。

 

        ぜひ、これらを参考にしながらPMI-ACPの勉強を進めてみてください