PMI-ACP®Exam Preparation Course

As we move towards an evolving future our projects evolve with it as well, projects are embracing change more and more as we move towards the future, with that said, having an agile mindset is of utmost importance. We have created this course to give help you understand what agile is and ultimately to pass the PMI ACP® Examination.

PMI-ACP®試験 試験概要

PMI-ACPⓇ試験は、PMI Agile Certified Practitioner の略称で、アジャイル実務者向けのプロフェッショナルをPMIが認定する資格となります。
PMI-ACP認証は、実務者が、アジャイルの原則とプラクテ ィスを理解し適用する能力を示すものとなり、資格保持者は、自分の取得したプロフェッショナル資格が、試験策定の ベストプラクティスに従っており、かつこれらの標準を確立した実務者からのインプッ トに基づいて策定されているという確信を得ることができます。
受験資格は以下のものになります。

PMI-ACP®試験の受験資格

・教育レベル
中等教育(高校卒業または同等資格)以上

・一般的なプロジェクト勤務経験
プロジェクトチームでの2,000時間の勤務経験。これらの時間は過去5年間に取得さ れたものでなければなりません。
注:PMP®またはPgMP®の資格保持者については、 受験者がこれらの要求事項を上回っていると考えられています。

・アジャイルプロジェクト勤務経験
アジャイル・プロジェクトチームでの1,500時間の勤務経験。これらの勤務時間は、 一般的なプロジェクト経験の2,000時間に加えて必要とされます。過去3年間に取得したものでなければなりません。

・アジャイルプラクティスのトレーニング
アジャイルプラクティスで21時間の学習時間(contact hour)を取得している必要が あります。

PMI-ACP®試験の受験料

PMI会員435米ドル 非会員495米ドル

PMI-ACP®試験概要

PMI-ACP®試験は、120問出題されます。そのうち採点される 100 個の項目と採点されない 20 個の項 目で構成されます。採点されない項目は特定されず、試験全体にランダムに分散されま す。

PMI-ACP®設問の割当

 PMI-ACP®試験設問の割当は以下のとおりになります。

試験の分野 項目の比率 予想出題数(全体を100問として)
分野 I.アジャイルの原則と考え方 16% 16問
分野 II.価値主導のデリバリー 20% 20問
分野 III.ステークホルダーの関与 17% 17問
分野 IV.チームのパフォーマンス 16% 16問
分野 V.適応型計画 12% 12問
分野 VI.問題検出と解決 10% 10問
分野 VII.継続的改善(製品、プロセス、人材) 9% 9問

詳細はPMIサイトをご覧ください。
https://www.pmi.org/certifications/types/agile-acp/exam-prep

関連情報

PMI-ACPⓇの勉強法:参考書について

PMI-ACP®Exam Preparation Course (英語)e-learningについて

PMI-ACP®Exam Preparation Course