BLOG

イープロジェクトのブログ

CBAP®試験概要:受験資格・難易度・勉強法など

CBAP®試験概要:受験資格・難易度・勉強法など

CBAP®試験について受験資格・難易度・勉強法などをご紹介します。
2020年06月現在の状況ですので、情報が変わり次第アップデートします。
また、正確な情報・詳細はIIBAサイトをご覧ください。
https://www.iiba.org/
CBAP

目次

1 CBAP®概要
1.1 CBAP®資格とは
1.2 CBAP®資格の価値
2 CBAP®受験資格・申請
2.1 受験資格
2.2 試験の申請プロセス
2.3 監査
2.4 受験費用
3 CBAP®試験日程・試験内容・難易度など
3.1 試験の形式
3.2 試験内容・範囲
3.3 試験結果の通知
3.4 合格体験記
3.5 難易度
4 CBAP®勉強方法
4.1 必要学習時間
4.2 おすすめ勉強方法
4.3 英語ができないとCBAP試験は受けれない?(2020.01 追加)
まとめ

1 CBAP®概要

1.1 CBAP®資格とは

CBAPⓇ(Certified Business Analysis Professional)は、5年以上の経験豊富なビジネス
アナリシス実務経験者を認定するための資格試験です。
CBAPⓇは、ビジネスアナリシスの知識体系であるBABOKⓇ(Business Analysis Body of Knowledge)
に基づいた試験でありIIBA(International Institute of Business Analysis)により実施されています。
なお、CBAP®取得者はアメリカを中心に全世界に9,000人以上となっております。
CBAP®認定者は2020年4月末現在で世界で9878人です。もう少しで10000人です。

1.2 ビジネスアナリシス及びCBAP®資格の価値

BABOK®によれば、ビジネスアナリシスとは「ビジネスアナリシスは、ニーズを定義し、
ステークホルダーに価値を提供するソリューションを推奨することにより、エンタープ
ライズにチェンジを引き起こすことを可能にする専門活動」です。
チェンジ(変革)が成功するためには、ニーズを明確化し、要求を固め、価値を最大限
にもたらすようなソリューションを推奨する必要があります。
ビジネスアナリストは、ビジネスを評価・分析・ソリューション推奨などこれらの活動を担う専門家です。

2 CBAP®受験資格・申請

2.1 CBAP®受験資格

CBAP®受験資格には下記の条件を満たす必要があります。
・過去10年間に7,500時間以上のBusiness Analysis実務経験を積むこと
上記7,500時間の中で、6つのBABOK®ガイドの知識エリアのうち4つの各エリアで最低900時間を完了する必要があります。
・過去4年間に、最低35時間の専門能力開発教育を受けること
なお35時間の研修はEEP(Endorsed Education Providers)などが提供する講習が対象となります。
イープロジェクトはEEPとなっております。
・上司、クライアント、CBAP®資格保持者などの2人の推薦があること

2.2 試験の申請プロセス(日本語試験の場合)

1 出願費用を支払います。125ドル。
2 申請資料の提出
(ここで監査の可能性があります)
3 出願資料が承認された場合は、IIBAⓇに日本語試験希望のメールを送付
4 受験
IIBAからの申込み審査完了の案内日より1年間が受験有効期間です。有効期間内に3回まで受験可能です。
となります。
   ※ 受講生の方へ2020年3月に申請書の書き方が変更されましたので更新しました。

2.3 監査

 監査は無作為に選ばれます。監査対象となった場合には、本人及び推薦者にメールなどで連絡が届きます。

2.4 CBAPⓇ試験費用

下記がCBAPⓇ試験費用となります。IIBA®個人会費が日本の場合$110 USD (年間)ですので会員になった方
が試験は安く受験できます。
出願費用  $ 125
試験費用 英語  IIBA会員 $325 USD IIBA非会員 $450 USD
日本語 IIBA会員 $425 USD IIBA非会員 $550 USD
https://www.iiba.org/certification/certification-fees/
※ 申請についてはこちらもご覧ください

CBAP(R)試験V3受験申請方法について(概要)

3 CBAP®試験日程・試験内容・難易度など

3.1 試験の形式

CBT(Computer Based Testing)を使用した、4肢択一式の日本語の試験問題
(もちろん英語を選択することも可能です)です。試験時間は3.5時間で、
問題数は全部で120問となります。

CBTでの試験であるため、試験結果は即時行われます。また試験は日本各地の試験会場で実施されています。

CBAP試験はPSIで実施されます。試験は、会場で受験するか自宅で受験するかを選択できます。

 

※ 自宅受験について情報をいただいておりますので公開します
試験前においては、PSI Secure Browser をダウンロードした後でパスポートをPCのカメラで監
視員に見せて本人確認をします。本人確認の書類はパスポートなど英語で記載された書類が
必要です。(監視員の方とのコミュニケーションが英語なので、日本の免許証は難しいようです)
そのあと周りの様子を見せます。そして開始です。
英語が苦手でもなんとかはなるようですが、やはりストレスはストレスのようです。
合格体験記もご確認ください。

 

3.2 試験内容・範囲

BABOK®ガイドに基づきシナリオとケーススタディなどが出題されます。
ビジネスアナリシスの計画とモニタリング 14%
引き出しとコラボレーション12%
要求のライフサイクル・マネジメント15%
戦略アナリシス15%
要求アナリシスとデザイン定義30%
ソリューション評価14%

3.3 試験結果の通知

コンピュータによる試験終了後、受験者には、即時に合格・不合格の結果がでます。
後日メールで送付されるレポートには、各ドメインの正解率の割合が表示されます。

3.4 合格体験記

CBAP合格体験記 順次追加してまいります。
受講者の方も次の受験者のために合格体験記お手伝いいただけますと助かります!
・T.Oさん 研修後も知識暗記のために小テストが活用でき、非常に助かりました
Aさん  メールで親身にサポートいただき、つまづくことなく申請することができました
Hさん  講座を受講して、BABOKの知識をつけたうえで試験に臨んでいただければ合格への近道になる
H.Iさん eラーニングのテストはどこでも何度でもでき大変便利だった
S.Kさん 試験対策としてBABOKのなかで注意しておくべき内容が理解できたのが良かった
T.Hさん eラーニングで何度も問題を解けることがよかった

3.5 難易度

CBAPの合格率については公開されていません。合格者の方々の感想をお聞きするとBABOK®についての理解を深めれば合格できる試験です。

4 CBAP®勉強方法

 BABOKⓇV3対象の試験から知識を問う問題からビジネスアナリストとしての行動などを問う問題など、
より実践に即した問題が出題されるようになりました。
そこで、BABOKⓇを覚えるのではなく理解する学習が求められます。

4.1 必要学習時間

必要学習時間は人それぞれですので一概には言えませんが50時間~100時間程度と考えてください。
もちろん、模擬試験中心で短期的に学習される方やBABOKⓇを時間をかけて読む方もいらっしゃいます。

4.2 おすすめ勉強方法

勉強期間やどこでいつ勉強するかも決めておくとよいと思います。社会人であるとどうしても時間
に制限があるために勉強場所・時間の確保が難しいです。そこをコントロールしたいところです。
 問題を解くことを重視しますが、とても重要なことは問題を解きながらBABOKⓇを振り返ることです。
もちろん、知識問題も解いていくことは重要ですが、より実践的な問題を解きながらBABOKⓇを見直す
ことがとても大切です。そこでは、大量の問題を解く必要はありません。
そして、あるていどBABOKⓇを理解できた段階で多くの問題を解いていくことがよいでしょう。

4.3 英語ができないとCBAP試験は受けれない?

英語が苦手だからCBAPには興味はあるけど受験しないという話を聞くことがあります。

まず、学習については弊社講座も日本語で実施しておりますので問題ありません。
ただ、一般的な受験対策本は日本語ではほとんどありません。
CBAP®試験については、試験自体は日本語を選択できますので、受験に際し英語の能力は必要ありません。

CBAPのサイトは英語ですし、申請時に実務経験・受講経験等の登録には英語で書くことが必要です。

また、監査にかかった場合も含めてやり取りなども英語が必要となります。

もちろん 英語力は必要ですが、読み書きができれば大丈夫です。

(電話がかかってくることは考えにくいです)そこで、Google翻訳などを存分に使えば対応可能です。

ただ、英文の詳細を見逃すことがあったり、日本語を翻訳して英語にしたときに、それが正しく意味
をあらわしてるかどうかは確認することは必要になる場合もあります。
まわりの少し英語ができる方にフォローしてもらえるとよりよいと感じます。

もちろんイープロジェクトで受講されている方には英語サポートがあります。
受講生の方々の中には英語に拒否反応を示している方もいますが、合格されていますので安心して受講してください。

まとめ

ニーズを把握し要求をソリューションに落とし込み推奨し企業価値を高めることに貢献する
ビジネスアナリストはこれからより必要とされる資格であると考えています。ぜひ勉強してみてください!