BLOG

イープロジェクトのブログ

CAPM®資格試験について|2020年9月現在

CAPM®資格試験について(目次)

1 CAPM®試験概要

2 CAPM®試験受験要件

3  CAPM®試験問題数と時間

4 CAPM®試験受験料

5 CAPM®試験内容

 

CAPM®資格試験概要

CAPM® 試験は、PMIが実施している資格でCertified Associate in Project Managementの略称となります。
プロジェクト・チームメンバー、新人のプロジェクト・マネジャー、大学生、大学院を対象とした試験です。

受験者のプロジェクトマネジメント(PM)に関する経験、教育、知識をはかり、プロフェッショナルとして
の確認を目的として実施されます。

プロジェクトマネジメントの業務においてハイパフォーマンスを達成することができるプロジェクトマネ
ジメントのプロセス、専門用語、PMの専門知識を習得していることを証明する資格となります。

 

PMBOKの知識を問う問題となっておりますのでPMBOKの考え方を学びたい方や将来PMPを目指したい方
に最適の資格となります。

 

 

 

CAPM®試験受験要件

 CAPM®の受験希望者は実務経験がない方が多いなどの理由により2020年8月28日から、新しいCAPM申請者
の1,500時間の実務経験要件を廃止することになりました。
 申請者は、
・23時間のプロジェクト管理教育を修了すること。
・高校卒業以上が要件となります

 

CAPM®試験問題数と時間

150問の出題がなされ、そのうち15問はダミー問題となります。したがって135問の出題となります。
(試験時間は3時間です)合格率は公表されていませんが、60%以上を目標にしましょう。

CAPM®試験受験料

CAPM資格の受験料は、以下の通りです。

PMI会員 225ドル(再受験の場合:150ドル)
PMI非会員 300ドル(再受験の場合:200ドル)

 

CAPM®試験内容

 詳細は、講座でお話ししていきますが、PMBOK®6から以下のような割合で出題されます。
つまり各チャプターからバランスよく出題されるということですね。

Chapter1 1   6%
Chapter1  2   6%
Chapter1  3   7%
Chapter1  4   9%
Chapter1  5   9%
Chapter1  6   9%
Chapter1  7   8%
Chapter1  8   7%
Chapter1  9   8%
Chapter1  10  10%
Chapter1  11   8%
Chapter1  12   4%
Chapter1  13   9%

 

※ CAPM®の継続が3年サイクルの認定に変わります

CAPM® 認定合格者は、3年間で15PDUを取得することで認定を維持することができるようになります。
つまり、5 年ごとに 3 時間の試験を再受験して再認定を受ける必要がなくなることになります。

 

CAPM®受験対策資格講座 弊社開発について

CAPM®受験対策講座については現在開発中です。今のところ、今年末を目指しております。
また、決定次第アナウンスいたします。どうぞよろしくお願いいたします。