講座を軸にPMBOKガイドに書き込みをし、講座資料を目次として使って、読み込むのが良い

T.Oさん

1 なぜ PMPを勉強しようとおもいましたか?

転職するにあたり、今までの会社依存ではなく、標準的なプロジェクトマネジメントプロセスの言葉で話せるようにしたかったため。

2 勉強した期間はどれくらいですか?

60時間程度

3 一日どれぐらい勉強されましたか?

1回2~3時間を、可能な日に実施しました。

4 勉強していて心がけていたことなどがあればお聞かせください。

PMBOKガイドを読み込むことを心がけました。
ただ、PMBOKガイドを読むのは非常に心が折れる作業なので、読みやすくするように、講座の内容を書き込み、読みやすくしました。

5 具体的な学習方法を教えてください。

オンライン講座は、全て実施しました。オンライン講座以外の教材は利用していません。
PMBOKの内容を理解するために、小テストは何回も期間を開けて繰り返し実施しました。小テストの解説と関連するPMBOKガイドを繰り返し読むやり方が、記憶の整理によかったです。
一通り最後まで講座が終わった後、PMBOKガイド全体を頭から読むのは難しいと考え、講義資料の読み込みと気になったところのPMBOKガイドの読み込み、そして、一問一答の記憶と曖昧な部分のPMBOKガイドの読み込みを繰り返しました。
PMBOKガイドに記載されていない部分のまとめは特に実施しませんでした。
これは、この部分は過去の経験でなんとかなると判断したためです。

6 イープロジェクトの講座を受講しての感想をお聞かせください。

PMBOK自体がプロセスの辞書みたいなものなので、講座の内容もその説明になるのかな?と少し懸念を持っていたのですが、受けてみて、良い意味で期待値以上でした。
プロセスの流れなどや、重要度の重み付けなどが説明され、非常にPMBOKを読みとくのに役に立ちました。過去の実務と結び付けながら知識の整理もできました。
PMBOKを深く読むことができたと思います。
(正直、講座を受けながら読まなかったら、単なる辞書の記憶で終わってしまったと思います。)

7 今後受講される方にメッセージをお願いします。

プロセスの流れの説明は非常にPMBOKの理解に役に立ちますので、講座を軸にPMBOKガイドに書き込みをし、講座資料を目次として使って、読み込むのが良いと思います。