イープロジェクト教材が本当に役に立ちました。要所がしっかり記載しているので、メモを追記するには最適でした。

T.K. 様

なぜ PMPを勉強しようとおもいましたか?

仕事の領域を広めるため。

勉強した期間はどれくらいですか?

丁度1ヶ月間です。

一日どれぐらい勉強されましたか?

平 日:1~3時間
土日祝:5~7時間

勉強していて心がけていたことなどがあればお聞かせください

一発合格をすることを目標に自分ができることを全て行うこととした。
受験料が高く、また自分の周りは全員一発合格なので、プレッシャーがあった。

具体的な学習方法を教えてください。

使用図書:
 虎の巻
 イープロジェクト教材(仕事の合間に見るようにした)
未使用図書:
 PMBOKガイド(1回も見なかった)
 PMP(青本)(構成や問題と答えにかなり違和感があったので使用をやめた)

学習方法:(勉強順に記載)

■4週間前
1.虎の巻を読み、問題を2回解く。(模擬試験200問は除く。)
2.知識エリアのプロセス名を全暗記。
3.問題を行った後に、虎の巻やイープロジェクト教材にメモを残す。 
4.一通り問題を行うと、アウトプット、ツールと技法、インプットのうち、どこを暗記すればよいのかわかるので、2で作成された表に追記し、暗記する。(全項目のうち半分以下しか暗記していない。)

■2週間前
5.イープロジェクトで配布された印刷ベース模擬試験を解く。
模擬試験1(75問)・・・正解率75%
模擬試験2(200問)・・・正解率85%(回答時間:2時間50分)
6.虎の巻の3回目を実施。
7.弱い部分はイープロジェクトのWeb問題も実施。
(3.のメモの充実化も実施。)

■1週間前
8.イープロジェクトのWeb問題のうち計算問題と事例問題を解く。
9.虎の巻(模擬試験200問)・・・正解率75%(回答時間:3時間10分)
10.イープロジェクトのWeb版模擬試験・・・正解率90%(回答時間:2時間以内)
11.虎の巻の4回目を実施。
(3.のメモの充実化も実施。)

■直前
12.間違った問題や3.を何度も確認。
13.前日にイープロジェクトのWeb問題のうち計算問題を解く。

イープロジェクトの講座を受講しての感想をお聞かせください

イープロジェクト教材が本当に役に立ちました。要所がしっかり記載しているので、メモを追記するには最適でした。

今後受講される方にメッセージをお願いします

偉そうに学習方法を記載しましたが、試験では問題の質が全く異なり、手ごたえがありませんでした。
虎の巻や他教材と同じニュアンスの質問はほとんどないと思った方がよいです。
独特の言い回しによる聞き方をされるという表現が最適であり、日本語訳がこれを醸成している印象を受けました。

会場:
13時開始で申し込んだのですが、12:30には試験開始できました。試験開始時
間に固執しない運営方針の模様です。
耳栓は持参のものでOKです。飲み物は持参不可で、監督官了承のもの100円玉
だけポケットに入れました。
電卓については、画面の「計算」ボタンを押すと、Windowsベースの電卓が開
きます。ただし、キーボードは認識しませんのでマウスでチビチビ押すことになります。

喫煙者:(茅場町タワー)
8月から茅場町タワーの1階では喫煙できないので、川辺の小さな喫煙広場を探
すことになります。つまり、試験中に休憩して喫煙することは、かなりのタイムロスなので無理と思った方がよいです。
私も休憩を2回挟む予定でしたが、1回も休憩しませんでした。

問題:
一番気になる日本語訳についてですが、問題文は理解できました。
ただし、回答文が意味不明なところがいくつかありました。誤訳も1つ見つけました。
あと、虎の巻やイープロジェクト教材の登場する英単語は覚えておいた方が悩まなくてよいと思います。

アウトプット、ツールと技法、インプットは確かに覚えておいた方がよいで
す。回答時間の短縮効果があります。ただし、単なる暗記ではなく、例えば品質管理のツールと技法などは、1つ1つに対して、どういう目的で、どのように使うのかをしっかり理解する必要があります。私が合格した勝因はここだと思っています。やはり内容(目的、使用方法、他プロセスへのフロー)を理解しないと今のPMP試験は厳しいようです。

試験時間:
200問を3時間10分で終え、30問程度の確認を40分で行い、3時間49分でENDボタンを押しました。
休憩せず集中力が続いたのは、一発合格の想いだけでした。

最後に:
試験前までに1000~1200問を解き、試験後に他教材を少し解いてみたのです
が、予想通り、答えが違うだろというものがありました。つまり、むやみに沢山の教材を使うと、どれが正しいのかどうかわからなくなり、混乱する可能性があります。このあたりはイープロジェクトの講師と相談された方がよいと思われます。
また、私と同程度の学習方法を行えば、少なくとも試験時間で苦しむことはないと思われます。
あとは、皆様が人生で培った学習方法でPMP合格を成し遂げてください。