講義を受けて、緊張感が違うこと。ポイントがつかめたこと。

M.K. 様

なぜ PMPを勉強しようとおもいましたか?

ITS関係の民間研究機関に所属しておりました。取引先の技術系コンサルの多くの方々は名刺に所持している資格を明記してます。コンサルタント会社はこれがひとつの売りですから。技術士、PMP、などなどですね。
PMPを所持しているあるコンサルの方の理路整然とした仕事ぶりに関心しました。中小企業診断士を持つ会社の同僚よりも役立つ資格だなと思いました。比べて私はPMをほんと知っていなくて、よく仕事してきたなと。PMは勘と経験でするものではないなと。チャンと学び直さなければ。

勉強した期間はどれくらいですか?

4月の後半から7月17日の3ケ月間です。

一日どれぐらい勉強されましたか?

・ちょうど退職して何か始めたいなと思っていましたので、時間がありました。
平日は5~6時間ぐらい。逆に休日は2時間ぐらいで25~35時間/週でしょうか。
・35時間トレーニングを入れずに250時間は学習したとおもいます。「ながら勉」はいれてまません。
うまくやれば、120時間ほどで自信もてるレベルに達するのではと思います。

勉強していて心がけていたことなどがあればお聞かせください。

・今自分がどのプロセスを学習しているのか、何のOUTPUTをだすのかを頭においておくこと。TOOLと技法などを細かく読んでいると、そこに入りこんでしまい、何のためにこれがあるのか忘れてしまいます。
・「PMBOKガイド」のプロセスのデータフロー図。INとOUT。講師にもいわれましたがこれ大切です。

具体的な学習方法を教えてください。

・イープロジェクトの講座を受講前に「PMP教科書」を2Wぐらいで一回通読しました。大体流れは掴めましたが、何せページ数が多い本なので結構時間がかかります。いちいち記憶はできていません。
・イープロジェクトの35時間講座を集中受講しました。よりポイントがハッキリしてきましたが、詳細部分の記憶はできていません。
・3Wぐらいかけて、「PMBOKガイド」を中心にイープロジェクトの講座テキストでチェックし、インターネットのPM講座テストで確認して単元ごとに進めました。この時期はまだテストで時間切れが多かったのですが、Q/Aは非常に助かりました。私と同じ箇所を間違えるのかと。
・その後再度、4Wぐらいかけて「PMP教科書」を中心にPMBOKガイド、講座テキスト、PM講座テストとを丁寧に読み直しました。

イープロジェクトの教材の他、使用していた問題集・テキストなどもあればお教えください。

「PMP教科書」とPMBOK問題集です。
実試験の問題では、PMP教科書のような複雑な長文はほとんどありませでした。PMBOK問題集のような正直すぎる問題もあまりありませんでした。

問題数はどれだけこなしたか?何回転させたか?(イープロジェクト問題数は、模試まで入れて600問程度)

・最後の2.5Wはテスト中心で、講座で戴いた模試200題、問題75題とPMBOK問題集を2回ほど繰り替えし、誤ったところを2回見直しました。インターネットのPM講座テストは3~5回はやっています。結局、問題数は合計で1120題だとおもいます。
・私は42プロセスのINPUT/TOOLと技法/OUTPUTを《芋ずる式暗記法と語呂合わせ暗記法》で全て暗記しました。(ただし暗記用のメモを作るのに余分な時間を費やしたのかなと。2H/プロセスでも84Hですから。)
また、実際の試験では直接 INPUT/TOOLと技法/OUTPUTを問う問題は6問程度だったのかと。
半分近くは暗記して無くても自然と回答できました。結局、無理に暗記する必要はありませんでしたが、不安はなくなりましたが。

イープロジェクトの講座を受講しての感想をお聞かせください

・講義を受けて、緊張感が違うこと。ポイントがつかめたこと。「PMP教科書」だと長々しすぎて、つかむのに苦労します。PMBOKガイドだとこれまた要点だけなので、味がなく長続きしません。意味がわからない。
・出題傾向がE-PROJECTから戴いた問題で方向性は合っていました。概してE-PROJECTのほうがレベルが難と思いました。

今後受講される方にメッセージをお願いします

・受講前に、PM全体がつかめる読み物を一読しておくと良いとおもいます。私の場合は「PMP教科書」でしたが、ページ数が多くて多くて。もっと簡単なものでよいとおもいます。