PMBOKを最初から最後まで通して読んだことは無かったので、講義を聞きながら読み進められたことは良かったです。

田村 友彦 様

なぜPMPを勉強しようとおもいましたか?

入札案件の資格要件にPMP等のプロジェクトマネージャー資格を求められることがあり、業務上の必要性から受験することにしました。

勉強した期間はどれくらいですか?

2カ月とちょっとです。

一日どれぐらい勉強されましたか?

受験2週間前までは、平日は通勤時間を利用して30分から2時間程度です。
土日はいろいろ用事等でほとんど勉強していませんでした。
受験日を1月にしたため、年末年始休暇を利用して、受験2週間前からは休みの日は5~8時間勉強しました。
トータルの勉強時間は約80時間でした。

勉強していて心がけていたことなどがあればお聞かせください

できるだけ、公式や用語について、どのような問題でも対応できるように、その意味を理解しつつ覚えるようにしました。

具体的な学習方法を教えてください。

最初に以下の3冊の市販本を読みつつ、各章に付いている問題をやりました。
※(1)と(2)についていた模試は、この時点ではやりません。
(1)PMPパーフェクトマスター―PMBOK第4版対応 評言社
(2)PMP試験合格虎の巻 第4版対応―重要ポイント解説+演習問題・模擬試験 アイテック
(3)PMP教科書 Project Management Professional 第4版 翔泳社
次に、PMBOKを見ながら、各プロセスの、・インプット・ツールと技法・アウトプット・プロセスの重要なポイントをマインドマップにまとめました。 それとは別にイープロジェクトの講義レジュメを参考に、自分で単語帳を作って公式や用語を覚えました。 以上が一通り終わってから、以下を2セットやりました。
・(1)と(2)についている模試
・(3)の問題
・イープロジェクトの模試、問題1~問題4
以下については各テストで満点とれるまでやりました。
・イープロジェクト講座の教材のほうの小テストすべて

イープロジェクトの教材はどれだけやりましたか?

小テストは満点取れるまで、模試は2回やりました。

イープロジェクトの教材の他、使用していた問題集・テキストなどもあればお教えください。

上に書いた3冊の市販本です。3冊の中で、学習する上で一番役になったのは「PMP教科書」です。
他の2冊と違って、説明する単位(章立て)が知識エリアごとではなく、プロジェクトの進行順に則した順番になっていたため、イメージがつかみやすかったです。また、問題も「PMP教科書」が一番実際の試験問題の雰囲気に近い印象です。問題の解説も他の本に比べて一番ちゃんと書いてありました。

問題数はどれだけこなしたか?何回転させたか?

模試2つで400問、PMP教科書が300問(くらい?)、イープロジェクト問題が700だとすると、1400問くらいでしょうか。それを2回転です。

PMBOKに記載されていない部分はどのようにまとめたか?それともまとめなかったのか?

上に書いたとおり、マインドマップに書いて、プロセス間のインプット/アウトプットの関係とか、各プロセスに関連したPMBOKに記載されてない知識とプロセスを関連づけてまとめました。

イープロジェクトの講座を受講しての感想をお聞かせください

PMBOK、PMP試験ともにどんなものかは大体知っていましたが、PMBOKを最初から最後まで通して読んだことは無かったので、講義を聞きながら読み進められたことは良かったです。やはり独学or通信教育で自分1人で読み進めるよりは効率が良かったと思います。また、試験前に送付していただいた資料が役立ちました。

今後受講される方にメッセージをお願いします

自分が想像していた以上に、実際の試験は大変でした。受験前は「試験時間の4時間は長いな、余るだろう」と思っていたのですが、一通り回答して、悩んだ問題を考えて、もう一度全部見直して、きっちり4時間使い切りました。市販の問題集だと、質問の意図も比較的容易に理解できますし、選択肢を絞り込むのもそれほど悩みませんでした。しかし、実際の試験だと質問の意図を理解するのが難しい問題があり、さらに4択のうち、2つには絞り込めるのですが、そこから答えを判断するのに悩む問題が多かったです。とはいえ、すぐに答えが選択できる問題もそれなりにありました。知識をしっかり理解し、さまざまな問題をたくさんやることが、地道ではありますが、一番、合格に近道だと思います。