IPAプロジェクト
マネージャ試験対策

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の情報処理技術者センターが実施する国家試験で高度試験(レベル4)に分類される、プロジェクトマネージャ資格の試験対策講座です。

IPAプロジェクトマネージャ試験概要

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の情報処理技術者センターが実施する国家試験。高度試験(レベル4)に分類される。プロジェクトマネージャ合格者は業界内において評価が高いとされています。

IPAプロジェクトマネージャ試験の受験資格

受験資格はありません。

IPAプロジェクトマネージャ試験の出題範囲

午前Ⅰ試験

  • テクノロジ系(基礎理論・コンピュータシステム・技術要素・開発技術)
  • マネジメント系(プロジェクトマネジメント・サービスマネジメント)
  • ストラテジ系(システム戦略・経営戦略・企業と法務)

※応用情報技術者試験と同範囲です。
※出題レベルは変わりますが、ITパスポート試験・基本情報技術者試験と同範囲です。
※応用情報技術者試験合格者、他の高度試験合格者、高度試験午前Ⅰ試験で基準点を取っている方は、その後2年間午前Ⅰ試験が免除になります。

午前Ⅱ試験

  • テクノロジ系(開発要素)
  • マネジメント系(プロジェクトマネジメント・サービスマネジメント)
  • ストラテジ系(システム戦略・企業と法務)

※プロジェクトマネジメントが重点出題範囲です。

午後Ⅰ試験/午後Ⅱ試験

  • プロジェクトの計画立案に関すること
  • プロジェクトの管理・運営に関すること
  • プロジェクトの評価に関すること

IPAプロジェクトマネージャ試験の形式

午前Ⅰ試験
試験時間50分  4肢択一式 30問
午前Ⅱ試験
試験時間50分  4肢択一式 25問
午後Ⅰ試験
試験時間90分  記述式 4問中2問選択
午後Ⅱ試験
試験時間120分 記述式 3問中1問選択

IPAプロジェクトマネージャ試験の合格水準

プロジェクトマネージャ試験は多段階選抜方式を採用しています。つまり、午前Ⅰ試験で基準点に達していない場合は、午前Ⅱ・午後Ⅰ・午後Ⅱ試験は採点されません。
また、午前Ⅱ試験で基準点に達していない場合は、午後Ⅰ・午後Ⅱ試験は採点されません。
午後Ⅰ試験で基準点に達していない場合は、午後Ⅱ試験は採点されません。

午前Ⅰ試験 満点の60%
午前Ⅱ試験 満点の60%
午後Ⅰ試験 満点の60%
午後Ⅱ試験 ランクA(※)

(※)午後Ⅱ試験は、以下4ランクで評価されます。
ランクA:合格水準
ランクB:合格水準まであと少し
ランクC:内容が不十分
ランクD:試験の要求から大きく逸れている

IPAプロジェクトマネージャ試験の難易度

合格率は10%程度です。

IPAプロジェクトマネージャ試験の資格更新

プロジェクトマネージャ試験の資格の更新資格の更新は必要ありません。

IPAプロジェクトマネージャ試験の受験費用

受験費用につきましては試験実施団体(IPA独立行政法人情報処理推進機構)にお問い合わせください。

その他詳細情報

試験および申込みに関する詳細は、情報処理技術者センターHP を御覧ください。

IPAプロジェクトマネージャ
試験対策